確かな力で免疫力を高めるHK L-137 HK L-137の秘密 “HK L-137”は、“乳酸菌L-137”を加熱処理したもので、免疫力を高める力に特化した乳酸菌です。

  • 東南アジアの“なれずし”由来の乳酸菌 HK L-137 
  • 強力!HK L-137の免疫力を高める力
  • 強さの秘密“リポティコ酸”
  • HK L-137活躍の場は小腸
  • 小腸まで届く、HK L-137のたくましい力
  • 専門家向け学術情報はこちら

HK L-137  活躍の場は小腸

免疫細胞は体中で敵の侵入を見張っています。特に、腸には数多くの免疫細胞が集まっています。
このため腸は“最大の免疫器官”と言われています。

口から入ったHK L-137は小腸に届き、小腸の免疫組織に取り込まれて免疫細胞に出会います。HK L-137がこの免疫細胞を刺激することで、免疫力が高められます。

最大の免疫器官で充分な力を発揮するためには、免疫力を高める力をキープしたまま小腸に届く必要があります。

小腸まで届く、 HK L-137のたくましい力