確かな力で
免疫力を高めるHK L-137
HK L-137の
秘密

東南アジアの“なれずし”由来の乳酸菌 HK L-137

皆さんは“なれずし”というものを知っていますか?なれずしは、東南アジア発祥の伝統的な発酵保存食品。魚とご飯を乳酸菌発酵させたもので、稲作とともに日本に伝わって、寿司のルーツになったと言われています。
この “なれずし”から乳酸菌L-137が発見されました。
乳酸菌L-137を加熱処理したものが「HK L-137」です。
加熱処理によって、免疫力を高める力がアップし、よりたくましい力を手に入れました。

強力! HK L-137の免疫力を高める力

乳酸菌といえば一般的にお腹の調子を整える働きが有名ですが、近年、一部の乳酸菌が持つ新しい能力、体の防衛システム“免疫”の働きを高める力が注目されています。
乳酸菌L-137は、この免疫力を高める力が特に強い乳酸菌です。
乳酸菌L-137を加熱処理したHK L-137は、免疫力を高める力がさらに強くなりました。他の菌の力と比べると、その力がズバ抜けているのが分かります。

加熱処理で乳酸菌の力がアップ

生菌と加熱菌体の免疫力を高める力の比較

生菌と加熱菌体の免疫力を高める力の比較 生菌と加熱菌体の免疫力を高める力の比較

Biosci Biotechnol Biochem 76: 918-922, 2012

強力なHK L-137の力

乳酸菌などの免疫を高める力の比較

乳酸菌などの免疫を高める力の比較 乳酸菌などの免疫を高める力の比較

ハウスウェルネスフーズ調べ

強さの秘密“リポテイコ酸”

乳酸菌L-137が免疫力を高める力はなぜこんなにも強いのか。それにはちゃんと理由がありました。乳酸菌L-137の様々な成分や構造を研究した結果、細胞壁の“リポテイコ酸”という成分にたどり着きました。
細胞壁からリポテイコ酸がたくさん出ていること。これが「免疫力を高める力」の強さの秘密だったのです。

HK L-137 活躍の場は小腸

免疫細胞は体中で敵の侵入を見張っています。特に、腸には数多くの免疫細胞が集まっています。このため腸は“最大の免疫器官”と言われています。
口から入ったHK L-137は小腸に届き、小腸の免疫組織に取り込まれて免疫細胞に出会います。HK L-137がこの免疫細胞を刺激することで、免疫力が高められます。
最大の免疫器官で充分な力を発揮するためには、免疫力を高める力をキープしたまま小腸に届く必要があります。

小腸まで届く、HK L-137のたくましい力

生きたままの乳酸菌は、加工や保存、体の中の消化液の影響などで、小腸に届く前に免疫力を高める力が下がってしまいます。乳酸菌L-137も同じ問題を抱えていましたが、加熱処理をすることで、長期の保存にも、熱にも、体の消化液にも負けない、たくましい力を手に入れました。
HK L-137は小腸で免疫細胞に出会うその時まで、免疫力を高める力を保つことができるのです。

消化液に負けないHK L-137

腸液処理による生菌と
加熱菌体の免疫を高める力の変化

腸液処理による生菌と加熱菌体の免疫を高める力の変化 腸液処理による生菌と加熱菌体の免疫を高める力の変化

Biosci Biotechnol Biochem 76: 918-922, 2012

HK L-137は、
免疫力を高めることで
皆様の健康に貢献します。